ホーム > Photo Report > 「極月音浴瞑想の会~シンギング・リン~」を開催

Photo Report

「極月音浴瞑想の会~シンギング・リン~」を開催Photo Report

お寺の本堂やお仏壇で使用する仏具「お鈴(りん)」をベースに、表面を漆塗りするなどして音響効果が得られるよう加工した楽器「シンギング・リン」。これを叩いたり、縁をこすって反響させたりすることで奏でられる音色は、心身の緊張のほぐしてくれます。

開発したのは、音楽療法家の和 真音(かず しおん)氏。シンギング・リンによる心身の緊張のほぐし効果を採り入れた独自メソッドに基づく様々な活動を展開されており、いま静かに注目を集めています。

大坊 本行寺では平成30年(2018年)12月2日(日)、シンギング・リン奏者・井川輝江さんによる2回目の演奏会「極月音浴瞑想の会~シンギング・リン~」を開催しました。木造の本堂に普段のお経とはまた違った神秘的な響きが広がるなか、参加された皆さんに癒しの時間をお過ごしいただきました。

▼以下の各画像をクリックすると拡大画像をご覧になれます。

このページの先頭へ