ホーム > 永代供養 ― 樹林墓地「そせい」―

永代供養 ― 樹林墓地「そせい」―

緑に囲まれた豊かな環境で永代にわたりご供養いたします

樹木や花を墓標に土に埋葬する樹木葬、桜葬といった葬法をご存じでしょうか?

大坊 池上 本行寺では、新しい形の永代供養として、樹林墓地「そせい」をご用意。東京23区内のアクセス抜群の立地にありながら、緑に囲まれた豊かな環境で、永代にわたりご供養いたします。

後継者がいない、高額な墓石の購入が難しい、遺骨を抱えて困っている、亡くなった後の供養が心配……そんなお墓の悩み解消へ、池上 大坊 本行寺の樹林墓地「そせい」の活用をぜひご検討ください。

樹林墓地とは?

樹木葬などとも呼ばれ、墓石の代わりに樹木や花を墓標とするなどした墓地です。
自然に還り、墓地として供養できることから、近年、大きな注目を集めるようになっています。

池上 大坊 本行寺では、自然環境を破壊することなく、
自然と共生する葬法を重視したいという方などのご要望にお応えして、
平成25年(2013年)9月に樹林墓地「そせい」を造成しました。

もちろん、「墓地、埋葬等に関する法律」に基づき、墓地としての許可を得ておりますので、
永代にわたるご供養を安心してお受けいただけます。

宗派、年齢、性別を問わず、どなたでもご納骨できます。

  • 戒名(法号)をお付けします。
  • 春・秋のお彼岸、お盆にご供養の法要はもちろん、毎日読経し、永代にわたってご供養。当山が責任もって管理いたします。
  • ご希望によって7回忌まで(6年間)ご遺骨をお預かりします。その間であれば、ご遺骨の返還のご要望にお応えできます。
  • 本山にお墓を立ててお骨を安置することも可能です(別途費用を承ります)。

永代納骨供養料 60万円
埋葬、永代供養、墓地管理、銘板、法号(戒名)
※納骨後の管理費はありません。

このページの先頭へ