ホーム > 本行寺由来

本行寺由来

日蓮聖人がご入滅されたご臨終の間

日蓮宗本山 池上 大坊 本行寺は、日蓮宗の宗祖である日蓮聖人がご入滅(にゅうめつ)、すなわちご臨終された地(ご霊場)。大聖人3大聖地の1つともされています。

日蓮聖人は、今から700余年前の弘安5年(1282年)9月8日、常陸国(ひたちの国/現在の茨城県北部)での湯治療養などのため、9年間にわたり住み慣れた身延山久遠寺(みのぶさん くおんじ/現在の山梨県巨摩郡身延町に所在)を後にされ、同月18日、武蔵国池上郷(現在の東京都大田区)の鎌倉幕府の作事奉行であった池上宗仲公(いけがみむねなかこう)の館にお着きになられました。

日蓮聖人は、この宗仲公邸で療養につとめながら、小康時には弟子や信者に「立正安国論(りっしょうあんこくろん)」の講義などをされていましたが、病がいよいよ重くなられ、10月8日に6人の本弟子(日昭、日朗、日興、日向、日頂、日持)を定めて後を託し、10日にはお形見分けもされました。

さらに翌11日に14歳の経一丸(きょういちまる=後の日像上人)に京都開教を遺命、枕元に大曼荼羅本尊(だいまんだらほんぞん)を掛けさせました。そして13日辰の刻(午前8時)――。弟子や信者一同が静かに法華経(ほけきょう)を読誦する中、お亡くなりになられました。享年61歳でした。

この時、大地は揺れ動き、庭の桜が一度に時ならぬ花をつけたと伝えられます。

日蓮聖人の滅後、池上宗仲公は日朗の弟子・日澄に館を寄進してお寺としました。こうして誕生したのが「長崇山 本行寺」(通称「大坊」)です。隣接する池上本門寺の末頭、理境院、照栄院と共に池上三院家の首席であり、正面の赤門はその証しとして、当寺院の格式の高さを示しています。

なお、日蓮聖人がご入滅された池上家の仏間跡に建てられたお堂は、「ご臨終の間」と呼ばれ、昭和11年(1936年)3月、東京都の史跡に指定されました。また、聖人ご入滅時に時ならぬ花を咲かせた桜は、今も「お会式桜(おえしきざくら)」として敷地内に現存しており、旧暦10月頃に花を咲かせます。

  • 扁額(ご臨終の間)

  • 赤門

  • 本堂外観

  • ご臨終の間外観

  • 本堂内部

  • 山号額(本堂)

  • 歴代墓所

  • お会式桜

  • 供養塔

歴代譜

1 宗祖 弘安5(1282).10.13 61歳
2 大国阿闍梨 日朗 元応2(1320).1.21 78歳
3 大乗阿闍梨 形善院 日澄 嘉歴1(1326).8.1 88歳
4 永存院日恩 (没年不詳)
5 妙道院日善 (没年不詳)
6 広宣院日俊 (没年不詳)
7 大乗院日増 (没年不詳)
8 松寿院日翁 文明18(1486).7.24
9 千葉院日法胤 分亀2(1502).4.20
10 恵眼院(東照院)日純 天文19(1550).3.21 69歳
11 仏寿院日現(現海妙法房) 永禄4(1561).7.21 66歳
12 玄静院日イ親(にんべんに親) 天正8(1580).3.7
13 蓮乗院日侊 文禄4(1595).4.19
14 妙具院日芸 寛永20(1643).2.2
15 性徳院日年 寛永9(1632).12.20
中妙院日観 慶安3(1650).12.13
16 浄心院日厳 (没年不詳)
17 本寿院日琮 万治3(1660).2.16
18 広宣院日布 寛文5(1665).11.22
19 本友院日霊 元禄9(1696).6.14
20 本量院日詮 宝永7(1710).12.28
21 常修院日教 享保5(1720).8.15
22 円智院日従 宝永5(1708).9.19
23 寂照院日念 寛延3(1750).9.12
24 了玄院日顕(英玄) 明和4(1767).10.11 77歳
25 円悟院日啓 寛延2(1749).2.14
26 速成院日随 天明1(1781).13.4
27 大道院日専 寛政6(1794).5.25
28 大順院日禎 享和1(1801).7.1
29 観理院日浄 文化5(1808).5.28
30 宣妙院日脩 文政1(1818).5.15
31 康寿院日枢 天保11(1840).10.20
32 禎順院日運 天保11(1840).6.22
33 寿門院日瓔 弘化3(1846).12.17
34 観寿院日端 明治7(1874).7.6
35 大泉院日曠 安政5(1858).5.12
36 円守院日勇 寛永6(1853).11.13
37 大車院文貞日軌 明治5(1872).1.25 67歳
38 聖行院日演 安政2(1855).11.13
39 妙泉院日久 安政3(1856).5.10
慈本院日眼 慶応3(1867).12.19
40 専寿院日道(加藤日道) 明治19(1886).4.8
41 顕寿院日長(中野顕朗) 明治42(1902).1.1
42 道寿院日通(大山顕泰) 明治44(1911).2.18
43 妙詮院日晋(鏑木詮妙 昭和8(1933).8.9
44 龍寿院日量(松野顕佑) 昭和27(1952).1.23
准歴 養寿院日静(岸顕妙) 昭和8(1933).6.9
准歴 寿泉院日延(直井顕暢) 大正6(1917).6.6
准歴 本龍院日翔(木南顕勝) 昭和20(1945).8.6
45 加歴 寿良院日恵(吉田顕良) 昭和28(1953).10.27
46 龍宗院日摂(中野顕文) 昭和56(1981).3.1
47 加歴 龍智院日佑(松野顕瑞) 昭和42(1967).9.21 62歳
48 養壽院日善(松本顕立) 平成7(1995).2.27
49 慈悦院日祐(伊澤寛正) 平成24(2012).2.17
50 浄晃院日珠(山村恵凰) 平成22(2010).8.30
51 龍章院日演(現住職)  
52 加歴 顕壽院日光(山田潮亮) 平成23(2011).12.11
このページの先頭へ