ホーム > 宗祖池上御入山会

宗祖池上御入山会

日蓮聖人は今から700余年前の弘安5年(1282年)9月18日、池上宗仲公の館(現在の池上 大坊 本行寺)に到着されました。本行寺では毎年この日、池上に到着された往時を偲び、ご入山会の法要を行っております。

法要は、日蓮聖人が池上にご到着された午前11時半より、大本山池上本門寺の貫首様を大導師にお迎えして厳粛に営まれます。また、法要中は池上家のご子孫により「献膳の儀」が執り行われます。

「献膳の儀」とは、お昼時に到着された日蓮聖人を池上宗仲公が「ひきずり豆腐」という料理でもてなしたという故事に基づく儀式で、ご宝前の日蓮聖人に当時のままの「ひきずり豆腐」をお供えします。また、参列された方たちも昼食に「ひきずり豆腐」をお召し上がりいただきます。

法要終了後の午後1時半頃からは高座説教を行います。

夜の7時過ぎからは、万灯練り行列が境内で行われます。本行寺の取り持ち講中「本睦会」をはじめとした18の講中が色とりどりの万灯で境内を練り歩き、にぎやかな太鼓や笛の音を聞かせてくれます。

ひきずり豆腐とは?

日蓮聖人が池上に到着されたのがちょうどお昼時で、その際、池上宗仲公がお昼食として出されたのが「ひきずり豆腐」です。

お出しを張ったお椀に焼き豆腐を入れ、その上からよくすった黒胡麻をかけたシンプルなもので、今日においては珍しいものではありませんが、鎌倉時代には豆腐も胡麻も高級食材でした。

一説によると、日蓮聖人はものを食べてもすぐ下してしまい、そのためどんどんお痩せになられたとされます。

しかし、「ひきずり豆腐」だけは下すことなく、日蓮聖人も好んで食されたといわれています。

このページの先頭へ